国内株現物取引

国内株現物取引というと難しく聞こえますが、いわゆる一般的な株取引の事です。敷居の高いイメージのあった株ですが、オンライントレードが普及し、小額から投資できるようになったことで、今ではとても身近なものになりました。

国内株現物取引のしくみ

国内株現物取引を行うには、まず株式会社の株を買う必要があります。この株とは、企業が経営のための資金の出資者を募る目的で発行されるもの。つまり、株を買うということは、その企業に出資するということです。出資者は株主となり、その証明として株が発行されます。


このように株を発行しているのは企業ですが、投資家が実際に株を買うのは、売買注文の仲介をしてくれる「証券会社」からです。証券会社は、投資家から受けた売買注文を「証券取引所」に取り次ぎ、証券取引所が取引を成立させます。


証券取引所に上場している企業の株なら誰でも買うことはできます。ただし、株には「単元」というものがあり、10株、100株、1,000株という束で売買されるのが基本です。したがって、最低購入価格は、株価×単元枚数となります。

国内株現物取引の概略図投資家株の売買注文証券会社顧客からの売買注文を取り次ぎ証券取引所
(売買注文をすり合わせ取引を成立させる)取引成立

国内株現物取引のメリット

売買差益を得られる

株を買った時よりも株価が高い時点で売却すれば、その差額分の利益を得ることができます。例えば、10万円で株を買い、11万円に値上がりした時点で売却すれば1万円の利益(ただし売買手数料が引かれる)となるのです。

配当金を受け取れる

配当金とは、企業で出た利益の一部を、株主へ還元するというもの。1株につきいくらと決められ、年1〜2回還元されます。企業が赤字の場合は無配になることがほとんど。また、配当金を実施していない企業もあります。

株主優待サービス

企業から株主への利益還元として、配当金以外にも株主優待を受けることができます。企業の自社製品や割引優待券などが提供されることが多いようです。株主優待は人気が高く、実施する企業は年々増えています。

国内株現物取引のメリット

株価が下落すれば損失が出る

株価は常に変動しています。株価が上昇すれば利益が得られる反面、下落すれば損失が出ることを忘れてはいけません。また、企業が倒産した場合は、株は紙切れ同然になってしまいます。

資金に余裕を持つ

投資資金に余裕を持つことは大切。ギリギリの状態での取引では、ちょっとした株価の変動にも神経質になりすぎてしまいます。また、投資のための資金は、その他の資金(生活費など)と分けて運用しましょう。

売りの基準を決めておく

株価が下落していると、なかなか売りに踏み出せないものですが、迷っているうちに更に大きな損失になるという場合もあります。大きな損失をしないためにも、「いくら下落したら売り」という基準を決めておきましょう。

証券会社一覧へ

オススメの証券会社

マネックス証券

マネックス証券
マネックス証券なら夜間でもお取引が可能!ミニ株のお取り扱いやわかりやすい取引画面、無料のマネックストレーダーでビギナーも安心なのは勿論上級者にも御満足頂けるサービスが充実しています!

丸三証券

丸三証券
割安な手数料とリアル性が魅力の丸三証券。モバイル・夜間取引でいつでも注文可能です。さらに2ヶ月間は株式手数料無料!人気のセミナーは休日の開講もあります。