オンライントレードの基礎知識

信用取引って?

株取引をする人のなかには、信用取引は「コワイ」と敬遠しがちな人も多いのでは? 対となる通常取引(現物取引)よりもリスクが大きいことは確かですが、その分リターンが大きいのも事実。しくみをきちんと理解すれば、とても利用価値の高い取引方法になります。

自己資金の数倍の額を取引する

信用取引の大きな特徴はその取引方法です。資金や株券を証券会社から借りて取引をすることができ、自己資金の数倍の額の売買が可能です。取引方法の他にも、信用取引には現物取引と異なるいくつかの特徴があります。

取引例自己資金 30万円委託保証金 30万円→
←委託保証金30万円を担保に約100万円の資金・株券を貸す証券会社

レバレッジ効果

信用取引では自己資金の数倍の取引をすることができます。担保として差し入れた委託保証金が30%の場合、30万円の資金で約100万円の取引をすることが可能です。必要な委託保証金は証券会社によって異なりますが、最低保証金率30%くらいが主流になっているようです。
このようなレバレッジ効果は信用取引の大きなメリットで、高い収益を得られる可能性があります。

「売り」からはいれる

現物取引では、「買う⇒売る」しかできませんが、信用取引では「売る⇒買う」ということも可能です。これを「空売り」といい、これによって株の下落時にも収益を得られる可能性があります。

取引期間が決められている

信用取引では6ヶ月の取引期限が設けられています。この期間以上株を持ち続けることは出来ず、必ず決算しなければなりません。

信用取引のリスク

金利がかかる

借りた資金や株券には金利がかかります。「買い」の場合に買方金利、「売り」の場合に貸株料がそれぞれかかり、取引期間が長いほど多くかかります。

現物取引より高いリスク

レバレッジ効果には、収益が大きいというメリットともに、損失も大きいというリスクがあります。収益が3倍にある可能性もあれば、損失も3倍になる可能性があるということです。さらに、損失が一定以上に膨らんだ場合には、取引を維持する為に追加の保証金を差し入れなくてはなりません。これを「追証」といいます。維持率や差し仕れ入額は証券会社によって異なります。

制度信用取引と一般信用取引

信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類があります。

制度信用取引とは

取引所が取引ルールを決めて行う取引のことで、信用取引といえば主に制度信用取引のことを指します。取引期間は6ヶ月と決められており、この期間内に決算をしなければなりません。

  

一般信用取引とは

証券会社が取引ルールを決める取引のことです。扱っている証券会社はまだ少ないものの、最近では取引期間を制限しない信用取引(無期限信用取引)を提供するところなどもあり、利用者は増えています。

現物取引と信用取引を比較

通常の株取引(現物取引)と信用取引はどのように違うのでしょうか?両者の主な特徴を以下の表にまとめてみました。

  現物取引 信用取引
取引方法 自己資金の範囲内で株を買う。
自分の保有している株を売る。
証券会社から資金を借りて株を買う。
証券会社から株券を借りて株を売る。
必要資金 資金は100万円必要。
※100万円の取引をする場合
委託保証金が30%の場合、必要な
資金は30万円。
※100万円の取引をする場合
金利 なし 「買い」の場合に買方金利がかかる。
「売り」の場合に貸株料がかかる。
比率は証券会社によって異なる。
収益率 自己資金の範囲内での取引の
ため、収益も損失もその範囲内。
収益率は1倍。
自己資金の約3倍〜投資ができるた
め収益率は約3倍〜になる。
ただし、損失も約3倍〜になる。
収益機会 買った株が値上がりした場合
のみ収益を得られる。
「買い」と「売り」の両方から入ることが
できるため、株価上昇時はもちろん、
下落時にも収益を得られる。
収益機会は2倍。
取引期間 なし 6ヶ月という期間が設けられている。
証券会社によっては無期限で取引を
行えるところもある。

激化する手数料の引き下げ競争

信用取引の人気にともない、証券界では手数料の引き下げ競争が激化しています。手数料を廃止する証券会社もでており、今後ますます激化することが予想されます。

楽天証券
一般信用取引の買方金利を年2.9%から年2.7%に引き下げ。(2006/9/1〜)
松井証券
デイトレード専用の「一日信用取引」なら約定代金に関わらず手数料は無料、金利・貸株料は0%〜。(2013/1/4〜)