ÅIXV“ú@2014”N 10ŒŽ 20“ú

オンライントレードの基礎知識

特定口座と一般口座って何?

証券口座の開設時には、「特定口座」と「一般口座」のどちらを開設するか選択する必要があります。どちらを選ぶかによって確定申告のしかたが異なり、納税額も変わる場合があります。

確定申告の手間を省ける「特定口座」

取引で生じた年間損益を、証券会社が計算してくれる口座。「源泉徴収あり」と「厳選徴収なし」の2種類があります。


源泉徴収ありを選択した場合、売却ごとに源泉徴収が行われるため、投資者が確定申告をする必要はありません。ただし、「複数の口座を持っていて、それらで得た損益を通算する場合」や「3年間損失繰越控除を受ける場合」のように確定申告をした方が有利になる場合には確定申告をすることもできます。


源泉徴収なしを選択した場合は、投資者が確定申告をする必要がありますが、確定申告に必要な「年間取引報告書」は証券会社が作成をするので、それに基づいた簡単な手続きが可能です。
源泉徴収のあり・なしは、年の最初の取引までに選択します。取引後の年内の変更はできません。

計算から申告まで自分でする「一般口座」

投資者が自分で年間の損益を計算して、確定申告をする必要があります。確定申告書は、証券会社から送付される取引報告書などをもとに作成します。口座開設時に特定口座を選択しない場合は、自動的に一般口座になります。一般口座と特定口座の年内の変更はできません。

どちらを選べばいいの?

口座を選ぶ際は、どの口座が自分に有利か考えてみましょう。 まず、これから株を始める人や、確定申告の手間を省きたい人は、特定口座を選ぶといいでしょう。年間の取引が多くなると損益の計算をするのも大変なので、それらを省略できるのは大きなメリットです。


また、口座ごとの納税額の違いにも注意しましょう。
確定申告口座(特定口座:源泉徴収なし、一般口座)は、年間収益が次の場合に限って確定申告が免除されます。

  • 年間収益が20万円以下の場合
  • 所得がない人で、年間収益が38万円以下の場合


これに比べ、特定口座:源泉徴収ありを選ぶと20万円以下でも課税されるので、予想される年間収益が20万円以下なら、確定申告口座の方がいいでしょう。