ライフスタイルに合った投資方法

少ない資金ではじめたい

少額で株を始めようと思ったとき、株の「単元」につまづくことがあるかもしれせん。単元とは株の売買単位のことで、株は通常10株、100株といった単位で売られています。少ない資金で株を始めたい人にとっては、この単元は障害になるのでは?
少ない資金でOK
そんなあなたには・・・
ミニ株(株式ミニ投資)がオススメです。

1単元未満でも投資ができる!

通常の取引では、株の売買ができるのは1単元から。それに比べ、1単元の10分の1の株数で売買できるのが「ミニ株(株式ミニ投資)」です。例えば、売買単位が1,000株、株価が2,000円の場合、通常200万円の購入資金が必要になります。これがミニ株なら、20万円から購入することができるのです。小額で始められるので、株取引ビギナーにもおすすめです。

小額投資が一番の魅力

ミニ株のメリットといえば、なんといっても通常より少ない資金で取引ができるところ。銘柄によっては1万円から購入できるものもあり、株式投資がより身近なものになりました。この他のメリットも見てみましょう。

  • 1単元未満の保有数でも分割株式や配当金の対象になる
  • 複数の銘柄を保有することで株価変動のリスクを分散できる

手数料をチェック!

複数の銘柄を保有すれば、その分手数料がかかることを忘れてはいけません。取引する株数は通常の10分の1でも、手数料は通常とあまり変わらないことがほとんど。銘柄それぞれに手数料がかかり、手取金額が少なくなってしまいます。

取引方法は成行注文のみ

ミニ株では指値注文はできず、成行注文のみ可能。売買の値段は、注文した翌日の寄り付き時の値段に自動的に決定し、約定となります。株価の変動を見ながらの、リアルタイムな売買はできません。
成行注文とは?
売買の値段を指定せずに、銘柄と枚数だけを指定する注文方法。指値注文に比べ、売買が成立しやすい。

注意!

株価に大きな変動があった場合、希望の売買額とかけはなれてしまう可能性があります。また、売買注文は前日にまとめて受付られるので、受付時間帯を確認しましょう。
ミニ株ならではの制限がある

購入枚数が1単元に満たないミニ株には、通常取引にはない制限があります。ミニ株を始める前に、きちんとチェックしておきたい大切なポイントです。

ミニ株を扱っている証券会社は限られている
ミニ株を扱っているか、口座を開く前に確認しましょう。取扱い銘柄は証券 会社によって異なるので、欲しい銘柄がある場合はそれもきちんと確認。
株主優待や株主総会への出席の対象にならない
保有枚数が1単元に満たないので、株の名義は証券会社になります。その ため、株主優待の受け取り(証券会社によっては受け取れる場合も)や株 主総会への出席はできません。ただし、将来的に枚数が1単元になれば、 通常の株主として認められます。

ミニ株を取り扱っている証券会社

マネックス証券 サポート体制が充実した「マネックス証券」なら、ネット証券がはじめての人でも安心です。取扱商品も幅広く、ミニ株や投資信託、IPO、信用取引にも対応。